夏の間に秋冬の体調の予防を!

中国には「冬病夏治」という言葉があります。
夏のうちに冬の治療を始める、というような意味です。
わかりやすいイメージとして、
秋冬には体力が落ちてしまいがちで、
体調を崩してしまいがちですが、
夏の元気なうちにパワーを蓄えて、
その余力で秋冬を乗り越えよう、
というような古くからある考えです。
実際、中国の鍼灸整体院では、夏に混みあう光景が見られるとの事です。
持病の症状の軽い人や、体調を崩していない人までもが
夏の間に秋冬の予防をしよう、と訪れる習慣があるのです。
秋になると毎年体がだるくて思うように動けない、というような方、や、
冬になると、夏の間は治ったと思っていたはずがまた再発するというような方、などなど・・・。
しまった!と思う前に体のバランス、体調を整えておきましょう。
健康なうちに予防をするほうが
体の負担も少なくて楽に体質改善する事が可能です。
(体質や生活習慣・症状の軽重により治療にかかる時間・回数などは
異なります。ご相談ください。)
夏のケアで、秋冬を過ごしやすくしましょう!
(以上 村山 早苗 コメント)
病気の予防・治療に定期的に来院されることをおすすめいたします。
お悩みの症状、千手堂はりきゅう指圧院にご相談ください。
↓千手堂はりきゅう指圧院 公式ホームページ
http://www.senjyudou.com/